Home » コラム » 真珠の手入れと保管方法

真珠の手入れと保管方法

「とにかく拭く」のが基本

真珠の手入れの基本は、とにかく拭くこと。普段はこれで十分です。
真珠の主成分である炭酸カルシウムは、汗や油分に弱いという性質をもっていますが、すぐに拭き取ればほとんど問題ありません。
「着用後は必ず拭く」ことを習慣づければ、長い間安心して使えます。使用する布は、柔らかく清潔なものなら何でもかまいません。
メガネ拭きなどに使われているポリエステルやナイロン製の布は、水と油分を同時に吸い取ってしまううえ、汚れたら洗濯も可能なので、真珠の手入れには最適といえるでしょう。

保管は乾燥・湿気・光を避ける

真珠は、極端な乾燥や湿気、乾燥と湿気の繰り返しを嫌います。
真珠層にひびが入ってしまうことがあるからです。また、紫外線に当たると褐色や変色を起こすこともあります。
宝石箱としては桐箱が理想です。たんすにしまう場合は防虫剤も避けてください。

ドレスアップの最後に

化粧品や香水に長い間触れたままにしておくと、変質することがあります。
お化粧を終え、ドレスアップの最後に装うようにします。

糸替えのタイミング

ネックレスの糸は、使っているうちに伸びて切れやすくなります。
2~3年に1度は糸替えが必要です。留め金をつまんでネックレスをまっすぐ垂らし、珠1個分ほど糸が見えるようなら糸替えどきです。

ページの先頭へ

当社は売上金の一部を、大阪府・兵庫県の新型コロナウイルス対策基金に支援をしています。

〒599-0202 大阪府阪南市下出719-1サンウェルⅡ 2F
TEL.072-472-0414 FAX.072-472-2375