Home » コラム » ブライダルリングの選び方

ブライダルリングの選び方

結婚されるカップルの9割以上が婚約指輪にはダイヤモンドを選んでいます。
なぜ、婚約指輪はダイヤモンドリングなのでしょうか?
ダイヤモンドは男性と女性を結びつける特別な宝石としても崇められてきました。それは、ダイヤモンドの特徴である硬さが”愛する二人の強い結びつき”を、透明さが”二人の純粋な愛”を象徴するものだとされてきたからです。

では、どのように選んだらよいのでしょうか。

ダイヤモンドの4つのC「Carat」「Clarity」「Color」「Cut」が、こだわりがポイントとなります。ご予算の中でなにに重点をおくのか、例えば大きさを重視するか色や輝きを重視するかなど、あらかじめ決めてご覧になるのをお勧めします。
グレースフジミでは、4つのC「Carat」「Clarity」「Color」「Cut」のバランスのクオリティダイヤモンドのみを厳選してご用意しております。

ダイヤモンドカラット

カラット(ct)は宝石の重さの単位で、1カラットは0.02グラムです。
一般には大きければ大きいほど希少であり価値も出ますが、当然大きくなればそれだけ 高品質の石は少なくなり、価格より憧れの存在感の意味の方が多いかもしれない。

ダイヤモンドクラリティ

クラリティはダイヤモンドの透明度を表します。フローレスと呼ばれる極めて少量のものを除いて大抵のものには内包物が含まれている。クラリティのグレードはこの内包物の 数、大きさ、色、場所、などによって決められ、少ないほど希少価値は高くなる。しかし、輝きに影響を与えないほどのものであるなら、ダイヤ本来の輝きが損なわれることがないので内包物も1つ1つが個性と考えるほうが、選択に幅ももてます。

クララティ表

カラーグレイト

天然のダイヤには完全な無色から薄い黄色まで自然な色がついている最高品質の無色(D)から(Z)までの等級付けがされているけれども、カラーグレイトの違いは驚くほど微妙です。最近のダイヤモンドのカラーは石の持つテリダチをすごく重要視されています。
カラー表

ダイヤモンドカット

唯一、人の手が加わることの出来るのがカット。カットの最高基準トリプルエクセレントカットがブリリアンカットで評価されていますが、今1番人気は個性的なファンシーカットです。

カット表

ページの先頭へ

当社は売上金の一部を、大阪府・兵庫県の新型コロナウイルス対策基金に支援をしています。

〒599-0202 大阪府阪南市下出719-1サンウェルⅡ 2F
TEL.072-472-0414 FAX.072-472-2375